FC2ブログ




自分自身に関わることを日記形式でおもしろおかしく書いていこうと思います、目にとまったら見ていってください。


プロフィール

子鴉

Author:子鴉
FC2ブログへようこそ!

email : ryoutam@hotmail.com



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア


無料カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア

ブログランキング参加してます、是非押してみてくださいw



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


現在多忙
スポンサーサイト

 どうもどうも子鴉です。

 新年度はいつもの通り忙しくてなかなか更新できなかったことをまずお詫びしておきます。


 さて、今日の話しは誰もがちょっと懐かしいお店についてです。


 皆さん、駄菓子屋についてどれくらい覚えていますか?


 駄菓子屋と言えば、自分たちの親の世代に一番親しまれたいろんなお菓子がべらぼうに安く売っている店ですよ。


 その値段の安さから、小さい子ども達のワンダーワールドとして活躍したものですが、流石に近年になるとどんどんその数を減らし、今では街のレアもの的扱いを受けています。


 俺なんかは地元の小学校に通っていた時、遠足などで500円分目一杯に買い込んだのを覚えています。


 しかしその店は、小学生の俺には少し遠く、ワンダーワールドの場所を知りつつそこには行かない日々が続いておりました。


 しかし、俺が高校の頃、実は通学する道の近くにその駄菓子屋があることを思い出し、一時期は足繁く通ったものでした。


 高校生の経済力ともなると、小学生の頃以上に駄菓子屋が夢の空間に見えたものです、一番安くて5円からですよ。



 駄菓子屋のレトロな雰囲気も相まって、速攻で俺のお気に入りの場所となったものです。



 甘党の俺としてはもうドリームでしたね


 たかだか一個10円20円で夢が買えるのです。


 安上がりと言うなら言うが良い!! って感じでした。



 










 まぁただなんと言いますか……











 そのころなんですよね。














俺の腹回りがぶくぶく膨れていった

のは















10円20円が俺にもたらしたのは夢と贅肉でした……

 どうもどうも、子鴉です。

 自分は明日から大学が始まります。

 気付けば自分も今年で三年生。ついに大学生活も半分を通過したことになります。

 一年二年と本当に頑張りました。

 自分の大学は卒業までに126単位の授業をこなさなければならないのですが。

 自分は1年と2年で100単位の授業をこなすに至りました。


 もう単位に関しては怖いもの無しと言えます。


 言える筈なんです。



 しかし何でしょう。大まかな予測を立ててみると。

 
 確かに講義数自体は少なくなってはいる。いるのだが。














どれも一騎当千の強者臭いです






正直何のために苦労したのか分か

りません。








自由はどこ?


 どうもどうも、子鴉です。

 皆さんテレビは見ますか? 自分はあんまり見ないんですけどね。

 それでも昔はよく見ましたよ、特によく見ていたのは時代劇です。

 ほら、よく有るじゃないですか。殺陣のシーンに入ったら自分も腕とか振り回す子ども。まんまアレでしたよ。

 年を重ねるにつれ見なくなっていきましたが、今でも歴史物は好きなんですよ。

 しかし現実とテレビは違う物。幾ら昔あったことをベースにしているにしてもどうしてもおかしな所は出てくるものです。


 自分も身体は大人になって、だんだんと何かおかしいなと思うことが見えてきました。



例えば
 











水戸黄門はあんなに各地を巡らな

かったとか












暴れん坊将軍吉宗があんなんじゃ

部下はやってられないだろうなとか








 まあ何というか色々ですよ。









でもまあ一番自分でもどうよとか思ったのが遠山の金さんですよ。

 
 金さんと言えば。奉行……今で言う裁判官と同じような職を勤めていて、裁判の時に自分の片腕を見せつけて櫻の彫り物を証拠に悪人を捌いていきますよね。





櫻の彫り物……つまり入れ墨……





 これってつまり……


















遠山の金さんはヤクザだったって

ことでファイナルアンサー?




金さん……あなたの正体が本気で分かりません




裏切りの意味
 裏切り。皆さんはこの言葉をどう感じるでしょうか。
 
 人間それなりに生きていれば大なり小なり裏切りに会ってきたことでしょう。
 
 あるいは自分が裏切る側に立った事だってあることでしょう。



 しかしまあ裏切りといったって色々あります。今日はそれを少し並べてみましょうか。















小さな裏切り……嘘をついたり約束を

すっぽかすなど















大きな裏切り……人を罠にはめるなど(例)借金

を保証人に故意に負わせるなど




















大して大きくないはないが日常

生活に支障をきたす裏切り……なじ

みの床屋で髪型を失敗される






オチの言葉を見つけらんねぇ……それくらいダメージ受けちゃいました


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。