FC2ブログ




自分自身に関わることを日記形式でおもしろおかしく書いていこうと思います、目にとまったら見ていってください。


プロフィール

子鴉

Author:子鴉
FC2ブログへようこそ!

email : ryoutam@hotmail.com



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア


無料カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア

ブログランキング参加してます、是非押してみてくださいw



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 どうもどうも子鴉です。

 新年度はいつもの通り忙しくてなかなか更新できなかったことをまずお詫びしておきます。


 さて、今日の話しは誰もがちょっと懐かしいお店についてです。


 皆さん、駄菓子屋についてどれくらい覚えていますか?


 駄菓子屋と言えば、自分たちの親の世代に一番親しまれたいろんなお菓子がべらぼうに安く売っている店ですよ。


 その値段の安さから、小さい子ども達のワンダーワールドとして活躍したものですが、流石に近年になるとどんどんその数を減らし、今では街のレアもの的扱いを受けています。


 俺なんかは地元の小学校に通っていた時、遠足などで500円分目一杯に買い込んだのを覚えています。


 しかしその店は、小学生の俺には少し遠く、ワンダーワールドの場所を知りつつそこには行かない日々が続いておりました。


 しかし、俺が高校の頃、実は通学する道の近くにその駄菓子屋があることを思い出し、一時期は足繁く通ったものでした。


 高校生の経済力ともなると、小学生の頃以上に駄菓子屋が夢の空間に見えたものです、一番安くて5円からですよ。



 駄菓子屋のレトロな雰囲気も相まって、速攻で俺のお気に入りの場所となったものです。



 甘党の俺としてはもうドリームでしたね


 たかだか一個10円20円で夢が買えるのです。


 安上がりと言うなら言うが良い!! って感じでした。



 










 まぁただなんと言いますか……











 そのころなんですよね。














俺の腹回りがぶくぶく膨れていった

のは















10円20円が俺にもたらしたのは夢と贅肉でした……
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。